べトナム ホーチミン 情報 日常生活
ホーチミン市を中心にベトナムの歴史や町の様子をお送りします。
カテゴリ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サイゴンのからゆきさん
ベトナムでのからゆきさんは、岸田国士が「牛山ホテル」と
いう戯曲を書いているので、ハイフォンが有名ですが、サ
イゴンにもからゆきさんがいました。フランス植民地政府は
刑務所をたくさん造りましたが、遠征しているフランス軍の
ために売春宿も造りました。

1920年、日本の廃娼令によって娼館もなくなっていったそ
うです。

現在のベトナムでは娼館など勿論認められていません
が、そこはアンダーマネーが行政を取り仕切る国ですか
ら、地下活動ではたくさんの娼館があります。


11_20110811005835.jpg
サイゴン日本人売春婦グループの絵葉書

12_20110811005834.jpg
日本人高級娼婦の絵葉書 1913年11月10日

絵葉書にもなるくらいですから、外見は暗い雰囲気があり
ません。

逆コースで日本でも「ジャパゆきさん」と言う言葉がありまし
たが、現在のベトナム人女性はシンガポールに働きに行く
人が多いそうです。

スポンサーサイト
ミスベトナム



20日でしたかハノイでミスベトナムコンテストが開かれて、
テレビ中継されていました。

ベトナム語の放送なので、優勝者の名前も年齢もわかりま
せんでしたが、美しいことだけは確かですね。

P1170739.jpg

P1170745.jpg

ファッションモデル
 雑誌美人 (2)   雑誌美人 (3)   雑誌美人 (4)


 雑誌美人 (5)   雑誌美人 (6)   雑誌美人 (7)


 雑誌美人 (1)   雑誌美人 (8)   雑誌美人 (9)


 雑誌美人 (10)   雑誌美人 (11)   雑誌美人 (12)


 雑誌美人 (13)   雑誌 (2)   雑誌 (3)


ベトナムの女性雑誌に掲載されているモデルさん。アオザイは着ていませんが、十分美人。

アオザイは別にコンテストがあるようです。中国人の母とフランス人の父親から生まれた子は飛び切り美人でしょうね。

タイ人は骨格が細いと言われていますが、ベトナム人はもっと細いように思います。

アフリカでは体格のいい女性が好まれていますから、ベトナム人には全く関心がないでしょうね。

ホーチミンではアオザイはアオヤイと発音します。




ベトナムの民族
下記写真はホーチミン市の歴史博物館の許可をいただいて、展示物を撮影させて
もらったものです。
許可もらわないでも25000ドン支払えば撮影できます。


ベトナムには54の民族がいます。
 001民族地図   002民族お土産

 001 少数民族は北部中国国境近くにたくさんの民族が住んでいます。
 002 54民族の木彫りのコレクションを売っていました。

 
01民族名(1)   02民族名(2)   03民族名(3)


 04民族名(4)   05民族名(5)   06民族名(6)


 07民族名(7)   08民族名(8)   09民族名(9)


 10民族名(10)   11民族名(11)   12民族名(12)


 13民族名(13)   14民族名(14)   15民族名(15)


 16民族名(16)   17民族名(17)   18民族名(18)


 19民族名(19)   20民族名(20)   21民族名(21)


 22民族名(22)   23民族名(23)   24民族名(24)


 25民族名(25)   26民族名(26)   27民族名(27)


 28民族名(28)   29民族名(29)   30民族名(30)


 31民族名(31)   32民族名(32)   33民族名(33)


 34民族名(34)   35民族名(35)   36民族名(36)


 37民族名(37)   38民族名(38)   39民族名(39)


 40民族名(40)   41民族名(41)   42民族名(42)


 43民族名(43)   44民族名(44)   45民族名(45)


 46民族名(46)   47民族名(47)   48民族名(48)


 49民族名(49)   50民族名(50)   51民族名(51)


 52民族名(52)   53民族名(53)   54民族名(54)


ベトナム美人 アオヤイ

ベトナム女性の着るアオザイ、ホーチミンではアオヤイと発音します。アオヤイを着ている女性はみんな綺麗に見えます。このアオヤイなかなかセクシーな着物で、わき腹がちらちらと見え隠れし、近寄ってみるとすけすけの生地でブラジャーもパンティーも透けて見えてしまいます。

現在では普段着る人が少なくなってしまい、ホテルのスタッフ、航空会社のスチュワーデス、マッサージの呼び込み嬢ぐらいかも知れませんが。

ベトナム人は慣れてしまっていてアオヤイを見てもあまり感動しないそうです。彼らのアオヤイに対する感覚は「半分秘密、半分露出」と表現します。

白いアオヤイは高校生の制服になっているそうですが、さすがに校則ですけすけはご法度になっているそうです。残念なことに最近はジーンズがアオザイに取って代わってしまったようです。

アオヤイを着ている人に聞きました。アオヤイを縫うのは自分たちでする人が多く、生地だけを買ってくるのが多いそうです。
ズボンと上着で生地代は300000ドン位だそうです。日本円では1600位ですからプレゼントにちょうどいいかも知れません。



1   2   3


6   7   8


9   10  11


12   13   14


15   16   17


18   19   20


24   25   21


22   23   26


28   29   30


32   33   34


雑誌1   雑誌2   雑誌3


雑誌4   雑誌5   7


8   9



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。