べトナム ホーチミン 情報 日常生活
ホーチミン市を中心にベトナムの歴史や町の様子をお送りします。
カテゴリ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パークソン(Parkson)百貨店

01_20110521162212.jpg

サイゴン市内に4店舗、全国で6店舗を構える高級デ
パート。南北統一後はサイゴンツーリストが所有してい
ましたが、現在はマレーシア資本のデパートになって
います。

レタントンとドンコイ通りの交差点にあるパークソンデ
パートの前はチラン公園だったのですが、現在は3階
までがショッピングセンターを持つヴィンコムセンター
という複合ビルが韓国資本の手で完成しましたので、
以前よりも人通りが多くなっています。

人通りは増えましたが、双方とも高級商品を販売して
いるので買い物客は、いつもまばらです。ベトナム人
がこのパークソンを利用するのは地下の駐車場ぐらい
です。
02_20110521162211.jpg


このパークソンには、5階に10レーンのボーリング場
が併設されています。

チラン公園はドンコイ側の道路に沿って、わずかに昔
の姿を留めているだけですが、景観はとてもよくなりま
した。リートゥチョン通りからパークソンデパートを眺め
ると絵になります。
03_20110521162211.jpg




スポンサーサイト
VINCOMセンター開店


VINCOM.jpg


レタントン通りとドンコイ通りの交差点にVINCOMセンター
というオフィス、アパートメント、ショッピングセンターが入っ
た複合ビルが4月30日に開店しています。この場所はもと
もとはチラン公園でした。公園を削ってまでもビルを建て
てしまうホーチミン市の今日この頃です。

01VINCOM (1)  02VINCOM (2)  03VINCOM (5)
01 開店にはつき物の風船売り
02 03 3日目からはガラガラです。


04VINCOM (6)  05VINCOM (7)  06VINCOM (8)
05 日本のおもちゃメーカーもあります。
06 回転寿司ではなく、日本でいう鍋物のお店。中に入れる具が回転しています。


VINCOMセンターから見た町並み
07VINCOM (9)  08VINCOM (10)  09VINCOM (11)
07 コロニアル建築のサイゴンツーリスト 取り壊し中です。
08 こういう柱の使い方はコロニアル建築の特徴です。
09 パークソンデパート。マレーシア資本です。


10VINCOM (12)
10 右手ののっぽのビルは韓国資本Hundaiのビルです。建設中です。


さすがに気が引けたのか、公園名のエンブレムを敷地の
片隅に残してくれました。

VINCOM (3)  VINCOM (4)


開店の日と翌日はそれなりに賑わっていましたが、3日目
からはガラガラです。まだすべてのテナントが開店してい
ないということもありますが、ショッピングも家賃も高額で、
地元のベトナムっ子には高嶺の花で、小さくなってしまっ
た公園に座って昼食を食べるのが、精一杯の抵抗です。
ここは外国人(外国資本)と共産党幹部の家族専用のス
ペースなのでしょう。

ドンコイ通りは現在再開発中です。3年後には日本の銀
座通り並みの景観になります。ベトナムは社会主義国で
すから、古くからの住民を立ち退かせるのは、それほど難
しいことではなさそうで、政府が立ち退き保証金さえ払え
ば、立ち退きに文句は言えないようです。

先日ホーチミン市で初めてストライキを見ました。市の人
民委員会の前で、20名ぐらいが画用紙に要求の文書を
書いて、声は一言も発せず、並んでいました。ドンコイ通り
で立ち退きを要求されている人達でした。

ベトナムの憲法でも集会結社の自由は保障されていると、
確か読んだ記憶があるのですが、実際の運用は全く別。
あくまで一党独裁の社会主義に悪影響がない場合の話
です。

都市部の人々の間では、現在の共産党の政策を本心で
はよく思っていない人が増えてきており、都市部では共産
党も危機感を感じているそうです。
サイゴンスクウェアー
サイゴンは今、ホテルや賃貸マンションン、オフィスビルの建設ラッシュで、その
勢いはスパーマーケットにも及んできました。

ホーチミンには昔から 「CHO~~」 とベトナム語で呼ばれる市場が大小たく
さんありますが、10年後には半減しそうな感じがします。

世界的にも有名なドンコイ通りも大聖堂側とサイゴン川側から、家族経営のお
店が姿と消し始め、続々とビルが建ち並んできました。

サイゴンスクウェアーというと、最初は交差点を連想してしまいましたが、実は
交差点の名前ではなく、レロイ通りとナムキーコイギア通りの交差点近くにある
中型のショッピンググセンターです。

このショッピングセンターの2号店?が、最近、トンドゥックタン通りとレタントン通
りの交差点近くに新規開店をしました。

2階建てなのですが、どうも規模が中途半端で、テナント数も少なく、店員さん
の応対もスマートになってしまって、CHO Benh Thang のような活気がありま
せん。

開業資金分が上乗せされているのか、DVDは1枚25000ドンもします。国営
デパートのSATRA(サイゴントレードセンター)では13000ドンで買えます。ど
ちらもコピー製品だと思いますが。


新規店
01SS (6)  02SS (3)  03SS (4)


従来店
04SS (1)  05SS (2)








木工雑貨屋

 

ホーチミンは木工製品が多い町。もともとベトナムという言葉には森とかの意味がふくまれているそうで、木製の雑貨、帆船、花挿し、人形、器などいろいろなものがお土産品として売られています。

20090206-9  
木工雑貨屋




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。