べトナム ホーチミン 情報 日常生活
ホーチミン市を中心にベトナムの歴史や町の様子をお送りします。
カテゴリ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカ大使館 更新
ベトナムのアメリカ大使館、それはベトナム戦争の象徴的建物で
あり、歴史的事件の舞台となった場所でもあります。

現在のベトナムには大使館がハノイに、総領事館がサイゴンにあ
ります。

ベトナム戦争中、当初のアメリカ大使館はハムギ通りの39番地でホー・トゥン・マウ通りとの交差点、サイゴン川近くにありました。現在はホーチミン市の銀行大学(Trường ̣Đại Học Ngân Hàng)になっています。

P1250365.jpg
現在は銀行大学になっています。

「1963年6月11日に、当時南ベトナムのゴ・ディン・ジエム政
権が行っていた仏教徒に対する高圧的な政策に対して抗議するた
め、サイゴン(現・ホーチミン)のアメリカ大使館前で自ら
ガソリンをかぶって焼身自殺した。」とウィキペディアにありま
すが、焼身自殺したのは、大使館前ではなく、Cach Mang Thang Tam
(8月革命通り)と、Nguyen Dinh Chieu(グエンディンチウ通り)
の交差点です。当時、反政府仏教徒の拠点だった「サーロイ寺」
に近く、交差点には六角形の立派な「師」の碑と碑文が残されて
います。碑文には「1963年6月11日10時ファン・デン・
フォンとレー・バン・ドユットの十字路(当時の通り名)」で師
が焼身自殺したことが簡易に記載されています。
01-1.jpg

02.jpg


1965年ベトコンはこのアメリカ大使館を襲撃しましたが、失
敗に終わりサイゴン川の埠頭にベトコン兵士の死体が並べられて
いる写真が残っています。
01.jpg


ベトコンの攻撃を受けたアメリカは現在のレズアン通りに難攻不
落と言われた新たな大使館を建設します。
旧大使館 (1)


しかし、1968年のテト攻勢により、ベトコンのサイゴン特殊
部隊20人が大使館に決死の突入をし、大使館の一部が占拠され
ます。数時間後、応援に駆けつけたアメリカ軍との戦闘により、
ベトコン全員が死亡して事態が収拾しますが、決死の覚悟でアメ
リカ大使館に突入したベトコンの姿はテレビ映像で全世界に放映
され、アメリカがベトナムから撤退する大きな要因になりました。
04.jpg

05.jpg

P1250577.jpg

P1250578.jpg

1969年4月30日、サイゴン陥落の直前、大使館の屋上から
海上の空母へ向けて最後のヘリコプターが飛び立ちます。
サイゴン陥落 (23)


アメリカ大使館の隣には並んでフランス大使館があるのですが、
フランスはとっくにベトナムからは手を引いてしまっていたので、
4月30日のアメリカ大使館の混乱にも、平然としていたそうです。

サイゴン陥落後は、アメリカ大使館は廃墟同然の状態でほったら
かしにされていました。戦争は終わってもアメリカは20年に渡
って、ベトナムに経済制裁を加えていたのです。
1111107.jpg


1995年、やっとアメリカとの国交正常化が行われ、その後ア
メリカ大使館がハノイに建設され、サイゴンには1999年、現
在の総領事館が旧アメリカ大使館跡に建設、業務が再開されてい
ます。
07.jpg


領事館前の道路には1968年に襲撃されたベトコンのテト攻勢
の記念碑が建立されています。
ます。
08.jpg

09.jpg


サイゴンにある領事館の中でも、おそらくもっとも広大な敷地で、
正面道路は以前の大使館にもまして、頑強なつくりになっていま
す。

現在では領事館の対面の歩道にはアメリカへ留学する人々のヴィ
ザ申請の代行会社の人だかりで、アメリカ留学は一番人気です。
若者はベトナム戦争はもう過去のことで、英語を習得して少しで
も高い給料にありつきたいと言うのが本音のようです。ベトナム
庶民の暮らしはまだまだ貧しいのです。
P1070160.jpg



スポンサーサイト
チーホア刑務所

ベトナムがフランスの植民地だった頃、フランス総督府がベ
トナム全土に学校よりも多くの刑務所を作ったことはつとに
有名な話になっています。刑務所は市街地にも多く建設され
ました。サイゴンで有名な刑務所はサイゴン中央刑務所とチ
ーホア刑務所。

中央刑務所はリートゥチョン通り69で現在はサイゴンで一
番大きな図書館になっています。

チーホア刑務所はサイゴン大聖堂の向かい側でドンコイ通り
の最北端です。1917年に建設されました。

1945年、日本が第2次世界大戦に敗北すると、インドシ
ナで従軍していた兵士の数人は戦犯として、この刑務所に収
容されました。

1970年の芥川賞作家の古山高麗雄さんも、戦犯としてこ
の刑務所に拘置され、その時の経験を書いたのが『プレオー
8の夜明け』と言う書籍だそうです。
11古山
古山高麗雄さん

その後1975年にサイゴンが陥落するまでは、主に共産党
員などの政治犯が収容され、拷問を受けました。付近の人々
この建物をカティーナ警察(Bót Catinat)と呼んでいまし
た。

現在はベトナム文化スポーツ観光省として海外文化交流の庁
舎として使われています。
12_20110519195627.jpg



日本領事館
領事館1
警備員のボックスが見える建物が日本領事館です。

領事館2


在留証明をもらう為にホーチミン市の日本領事館へ行きまし
た。

グエンフェ通りがサイゴン川に突き当たる左側にある領事館は
とても小さくて貧弱な建物です。始めて行った時は見落として
しまったぐらいです。

米国やフランスの領事館はベトナムと戦争をした国なのに、
とても立派で、警備もしっかりしています。

ベトナムに対するODAで世界一援助している日本なのになぜ
こんなに貧弱なんでしょうか。

現在の日本領事館はベトナム戦争前から同じ建物にあります。
サイゴン陥落時に救援の日航機はマニラで足止めになり、多く
の日本人がサイゴンから脱出できず、ここに集まっていたと記
録にあります。

現在はハノイが首都なので、各国とも大使館はハノイに置き、
ホーチミン市にあるのは領事館ばかりです。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。