べトナム ホーチミン 情報 日常生活
ホーチミン市を中心にベトナムの歴史や町の様子をお送りします。
カテゴリ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホーチミン主席の足跡  1910年捕捉

1910年 グエン・タッ・タン(後のホーチミン主
席)の父親は官職を追放になってしまった
ので、グエン・タッ・タンも学校へ行けなくなり
就職を自活の道を探さねばなりませんでした。
父親はグエン・タッ・タンの就職を助けるため
旧知親友であったフエ宮廷の官僚チュン・
ヤー・モ(Trương Gia Mo)に就職斡旋の
手紙を書きます。

捕捉1
チュン・ヤー・モ


チュン・ヤー・モは愛国者達によって運営されて
いたファンティットにあるドゥクタン学校で教師を
しているホー・タ・バン(Hồ Tá Bang)を紹介し、
ホーチミンはその紹介状を持ってドゥクタン学校
を訪ねたのです。

捕捉2
ホー・タ・バン

1911年9月19日 ドゥクタン学校での予備
教師の職に着いたグエン・タッ・タンは第2
学年の中国語とベトナムの国語(クオック・
グー呼ばれます)教えていましたが、時間の
あるときには生徒達をファンティットの海岸
に連れて行き、課外授業をよく行ったそうです。 

当時の生徒の1人だったNguyỗn Kinh Chi
はその後医者になり、ベトナム民主共和国の
建国と共にホーチミン内閣の厚生副大臣に
なります。

1907年に設立されたドゥクタン学校の創立
経緯にはファン・チュウ・チンも関与しています。
この当時はファン・ボイ・チャウの東遊運動の
影響で、全国にベトナム独立のために次代を
担う人材の育成が急ピッチで行われていた
時代背景があります。

学校の運営は2人のベトナム人によって運営
されていましたが創立資金や学校の運営資金
はHuỳnh Văn Đẩuという地元の名士と
「Liên Thành Thương Quán」というヌックマム
の製造会社が負担していて、学費は無料でした。

ファンティットはフーコック島と並んで、魚から造る
醤油「ヌックマム」の二大産地で、Liấn Thành
会社はファンティットで製造されたヌックマムを
サイゴンに移送し、サイゴン港から輸出していま
した。

̉
6カ月間、ドゥクタン学校で教師をしていた時に
グエン・タッ・タンはフランスへの海外渡航の夢
を同僚達に話します。

同僚の愛国者ホ・タ・バンとチャン・レ・チャ
(Trần Lệ Chất)は海外に行くには何よりも
サイゴンに行って渡航のチャンスを掴まねば
ならないと話し、グエン・タッ・タンのサイゴン行き
が実現するよう諸手配をしてくれます。

捕捉3
チャン・レ・チャ

彼らはグエン・タッ・タンの為にサイゴンの
「Liên Thành」会社へ行くように薦め、
サイゴン到着時の当面の居住先として
チュン・ヤー・モの母方の親戚レ・バン・ダット
(Lê Văn Đạt)の家を紹介します。

さらに「Ban Va」と言う名前でグエン・タッ・タン
のパスポートを取得してくれます。
この「Ban`Va」青年がホーチミン主席の第1号
の偽名です。


そして1911年3月、グエン・タッ・タンは
ドゥクタン学校を後にし、サイゴンに向かいます。
>
スポンサーサイト
フランス植民地時代の兵舎

トン・ドゥック・タン道路はレ・ユアン道路との交差点で終了
し、その先の道路はディン・ティン・ホン道路と呼ばれてい
ます。サイゴンがフランスの植民地だった頃は、このディ
ン・ティン・ホン道路はフランス陸軍の歩兵宿舎の正面ゲー
トに突き当たり行き止まりになっていました。

11_20110706065844.jpg

12-1.jpg
1873年に建設されました

12_20110706065843.jpg
その後正面ゲートが造られました。

フランス軍隊の撤退後、正面ゲートを取っ払って、宿舎を取り壊して
直線道路を完成させ、ディン・ティン・ホン道路となりました。

現在、左の建物は医科薬科大学のBook Cafe, 右側の建
物は外国語専門学校として使用されています。
13_20110706065843.jpg
Book Cafe

14_20110706065842.jpg
外国語専門学校

正面ゲートの中には歩兵宿舎群があったそうですが、現在
は取り壊されて、医科薬科大学(Dại Học Y Dược)、反対側
には人文社会科学大学(Dại Học Khoa Học Xa Họi v醇A
Nh醇Cn V醇Dn)とホーシミン市テレビ局(HTV)が建設されてい
ます。

グエン・ティ・ミン・カイ道路を渡ると左側にはまもなく取り壊
されるであろう植民地時代の塀が続いており、その先には
警察署として使われているフランスコロニアル建築の建物
が現存しています。

15_20110706065841.jpg

16_20110706065855.jpg
警察署

ベトナム祖国戦線

MAT TRAN TO QUOC VIET NAM
Vietnam Fatherland Front (VFF) 

ベトナム共産党には正規の党組織のほかに、強力な大
衆組織があります

1954年ベトミンはフランス植民地軍にディエ
ン・ビン・フーの戦いで勝利し、フランスのベトナム
からの撤退を機に、その役割を終えたとして解散し、
「祖国戦線」として再結成されます。1977年には
「南ベトナム解放民族戦線」と「ベトナム民族民主平
和勢力連合」の2組織を統合、吸収して現在に至って
います。

「祖国戦線」はベトナム共産党の翼賛組織で、労働者
や農民、青年団など全国46組織で構成する共産党員
以外の共産政治勢力の連合体です。階級の利害を超え
て共産党や政府の方針・政策を遂行することを主な目
的としており、ベトナム憲法にもその役割と位置図け
がなされています。

第9条 ベトナム祖国戦線とその傘下組織は人民の力
の政治的基盤の役を担っている。全人民団結、人心を
政治的精神的に一体化、人民による管理の建設及び安
定化に参画、人民の合法的利益を保護するために国と
協力、主権行使を推進し、憲法と法を周到に遵守し、
国家機関、人民の代議員、官吏、公務員などの活動を
監督することを任務とする。国は戦線とその傘下組織
が効率的に活動できる条件を創出するものとする。

第13条 ベトナム祖国戦線は神聖にして不可侵の
ものである。戦線の独立性、主権、団結、領土保全、
もしくは国家建設と防衛の大義に対抗する全ての試
み及び行為は法のもとに罰を受けなければならない。

祖国戦線は国会への法案提出権をもち、国会議員選挙
の際に立候補者名簿を作成するという重要な役割を
持ち、議長は関連事項につき閣議に参加する権利を持
っています。地方レベルの祖国戦線も組織されていま
す。

ベトナム祖国戦線全国大会
2009年: 第7回大会
2004年: 第6回大会
1999年: 第5回大会
1994年: 第4回大会
1989年: 第3回大会
1984年: 第2回大会
1979年: 第1回大会(1977年祖国戦線設立)

歴代祖国戦線議長
フゥイン・ダム(任期: 2008年-現職)。
ファム・テー・ズゥエット(任期: 1999年-2008年)
レ・クアン・ダオ(任期: 1994年-1999年)
グエン・フゥウ・トー(任期: 1988年-1994年)
フゥイン・タン・ファット(任期: 1983年-1988年)
ホアン・クオック・ヴィエット(任期: 1977年-1983
年)

第6期ベトナム祖国戦線構成組織
ベトナム法律会
海外在住ベトナム人連絡会
ベトナム労働総連盟
ベトナム枯葉剤・ダイオキシン被災者会
ベトナム科学・技術会連合
ベトナム友誼組織連合
軍政治総局
ベトナム文学芸術会連合
ベトナム東方医学会
ベトナム女性連合
ベトナム・カソリック団結委員会
ベトナム農民会
ベトナム商工会議所
ベトナム障害者・孤児扶助会
ベトナム奨学会、党大衆工作委員会
ベトナム生物圏/SINH VAT CANH会
ホーチミン共産青年団
ベトナム合作社連盟
ベトナム歴史科学会
ベトナム盲人会
ベトナム人口・家族計画会
ベトナム美術工芸・金装飾・宝石会
ベトナム針灸会
ベトナム退役兵士の会
ベトナム赤十字
ベトナム仏教会
ベトナム園芸会
ベトナム青年連合
ベトナム・ジャーナリスト協会

>
軍事訓練
軍事訓練
公園で行進の練習をする国防教育中の学生



ベトナムには徴兵制度があり、18歳から27歳までの間に2年 
間の兵役義務があります。除隊後も45歳までは予備役となり
ます。南北統一までは婦人も青少年も武器をとり、国民皆兵で
戦かった国ですから、国民の国防に関する意識は前日本国
総理大臣より強く持っているようです。

大学生、公務員、身障者、一人っ子、烈士(ベトナム戦争で北
側の将兵として戦死した人)の父親を持つ人は兵役が免除さ
れます。その他正規の制度かどうかわかりませんが、お金持
ちの子供や、党や役所の役付きの家庭に生まれた子供たち
も、免除や特典があるそうです。

したがって実際に徴兵され、前線で戦うのは農家の次男・三
男などが多いそうです。どこの国も同じようですね。

大学生は兵役が免除されますが、必須科目に「国防教育」が
あります。必須科目ですから国防教育の試験に受からないと
卒業できません。軍事訓練は大学の構内、公園、軍の訓練施
設などで行われます。

国防教育は世界情勢や平和時にも油断するなという政治的な
知識を教え、意識を高めるために設定された科目ですが、その
実際は規律や体力を身につけさせることを目的にしていま
すので、射撃の訓練とか、格闘訓練などはなく、人民軍の歴
史、戦術といった理論面と銃の分解・組立、行進・閲兵の練習
などの実践面の訓練を受けます。

ハノイ外国語大学での国防教育のスケジュールは3週間で、
毎朝5時起床、7時から11時30分まで理論面の学習、そし
て昼食の後、午後は1時30分から4時まで実践面の練習を
して、5時に夕食、7時に点呼があり、9時に就寝だそうです。

学生達の卒業してからの国防教育の感想は、いい思い出に
なっているというのが多いそうです。ベトナムが平和になって
よかったですね。

ベトナムの軍隊
ベトナムの軍隊は、ベトナム人民軍(Quan doi Nhan dan Viet Nam)。緑色の制服
に身を包んだ姿はベトナム各地で目にします。

1944年12月22日、ヴォー・グエン・ザップ将軍の指揮でベトナム解放軍宣伝隊
が誕生した。これが現在の人民軍の前身で、この日は軍の創立記念日になってい
ます。

憲法では国家主席が人民軍の統帥権を持つと規定されていますが、実質的な権
限はベトナム共産党総書記の手中にあります。陸海空軍の兵力は50万程度、こ
れに予備役と民兵が300-400万人程度います。

日本の防衛大学校にも留学生を多数派遣しています。 


徴兵制度
ベトナムには18~27歳の間に1年半から2年間の兵役義務があります。
ただし、一人っ子は免除。大学生も1ヶ月間だけでよいそうです。お金持ちの子供
や、党や役所の役付きの家庭に生まれた子供たちも、免除や特典があります。

高校生や大学生は軍事教練が正課とされ、人民軍の歴史、戦術といった理論
面と銃の取り扱いや匍匐前進など、実践面の訓練を受けます。訓練は軍の駐屯
地に寄宿して行われることも、公園で練習していることもあります。修了前には理
論・実践とも試験があるそうです。


軍隊のビジネス
ドイモイ政策(市場開放)開始後、軍隊もビジネスに携わっていいことになっていま
す。銀行ビジネスでは「軍隊銀行」、携帯電話サービスでは「軍隊通信総公社」
Viettelがあります。

海軍と湾岸警備隊はベトナム戦争で主力でなかったために予算配分が少ないら
しく、海軍所属のホテルを国内に沢山作って、独自ビジネスに精を出しているそう
です。

旧日本軍とのつながり
第二次世界大戦終結後、日本に帰国せずベトミンに軍事教練をした残留日本兵
が居ました。中部クアンガイには陸軍中学が設置され、教官は日本軍の将兵でし
た。この学校の卒業生の多くがその後のベトナム戦争で軍上層部になり、指揮を
執ったそうです。ベトナム政府はこれら残留将兵の功績を認め、勲章を贈っていま
す。

01警備兵  02海軍宿舎  03人民軍宿舎
01  警備兵
02  サイゴン川に平行するトンドゥックタン通りの海軍宿舎
03  Ly Tu Trong 通りのベトナム人民軍の宿舎


04ビジネス
04  軍隊の携帯電話会社




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。