べトナム ホーチミン 情報 日常生活
ホーチミン市を中心にベトナムの歴史や町の様子をお送りします。
カテゴリ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベトナムの伝統版画

10 (1)

紀元前にはじまるベトナムの長い歴史で、中国との攻防を繰り
返してきたベトナムは、中国の政治制度を取り入れながら、庶
民は文化面においても中国からさまざまな影響を受けていま
す。

厄除け、家内安全、招福の目的でテト(旧正月)に家庭で飾ら
れる民間伝承の木版画、「ドンホー版画」もまた中国からベトナ
ムに伝えられたものです。

伝承時期については中国の宋の時代、あるいは明から清の時
代にかけてと諸説があり定かでありませんが、17世紀から18
世紀頃に隆盛期を迎えました。

<ドンホー村>
「ドンホー版画」はベトナム北部のバクニン省ドンホー村(ハノ
イ東方約26km)で製作されている版画で、昔は村全体が版画
作りをしていましたが、現在では人口約2000人のうち約50
人が版画製作に関わり、版画刷りだけで生計を立てている家
は2軒のみとなってしまったそうです。

<ドンホー版画の製作>
現在はほとんどが新年の飾りとして使われるため、題材はお
めでたい絵柄が多く使われますが、日常生活、風物詩、風刺
など多種多様あります。
手すきの紙、「ディエップ」は中国との国境周辺に自生するゾー
と呼ばれる樹木から作られ、色合も植物から採った4~5色の
天然素材で手刷りされます。

版画で使われる漢字は「チュノム文字」で絵柄を説明する言葉
や風刺的な言葉が添えられています。


10 (2)

10 (3)

10 (4)

10 (5)

10 (6)

10 (7)

10 (8)

10 (9)

10 (10)

10 (11)

10 (12)

10 (13)

10 (14)

スポンサーサイト
ベトナムの楽団
サイゴンに住んでいてオーケストラを聴こうと思ったら、年に数
回開催される市民劇場での開催を見逃すとチャンスを失います。
クラシック音楽に関してはベトナムはまだまだ後進国です。

昔からサイゴンには庶民が楽しめる劇場などなかったので、祝
日などには劇団が金持ちのスポンサーをつけて路上で出張演
奏します。

現在でも数件の劇場しかありません。

11_20121031165102.jpg
出張公演の楽団1

12)_20121031165102.jpg
出張公演の楽団2

13
出張公演の楽団3

14


楽団の出張は台車がトラックに変わっただけで現在でも続いて
いて、新年や旧正月には路上で演奏します。

15
この商売をしているのは華人です。


16
ベトナムの伝統的なオーケストラは4-5つの楽器で構成され
ます。

贈答文化

ベトナムの歴史を紐解けば、紀元前111年から
約1000年もの間、中国の王朝の支配下に
あり、やっと938年にゴ・クエンという人が中国の
南漢軍を破り、ベトナム人の王朝になったとあり
ます。

その後は1945年まで、短期間、中国に占領さ
れたことはありましたが、ベトナム人王朝が続くの
ですが、短期間の王朝は別として、ほぼすべて
の王朝が中国の王朝に朝貢をしたとあります。

ベトナム最後の王朝、グエン王朝の初めごろま
では、アジアとかヨーロッパなどと言う概念はベト
ナムには無く、中国が世界を支配しているように
感じていたのだろと思いますが、国家の名前も
中国の王朝にお伺いを立てて許可をもらい、毎
年ベトナムの皇帝に特産品を送り、「現在は私
がベトナム国を治めていますので、よろしくお願い
します」と挨拶をしていたのですから、贈答品を
送る習慣はとても長い伝統があります。

そういえば日本も昔、中国から「倭の国の国王」
とかの印鑑を中国からいただいたとか。
皇帝の名称は本来、中国の王朝しか使っては
いけないそうで、ベトナムも日本も「国王」を名乗
りました。

さて、ベトナムではもうすぐお正月ですが、スーパ
ーでも露天の雑貨屋さんでも、贈答用バスケット
を売っています。

11_20120116180600.jpg

12_20120116180559.jpg


13_20120116180559.jpg
街角の雑貨屋さん。普段は露天の食堂をやっ
ています。

贈答は何かにつけて行われているのですが、特
に旧正月の前は、昔の日本のお歳暮と同じで、
ベトナムでこれを怠ると、特に公務員は出世でき
ません。

昔は日本もそうだったんです。

中国書画交流団
2010年1月18日はベトナムと中国の国交樹立60周年
記念日です。正確には中国が1945年1月18日にベトナ
ム民主共和国を正式なベトナム政府として承認した日で
す。

 これを記念して中国天津市の書道会の人々がホーチミ
ン市の書道会の人々と交流を深める為、ホーチミン市を
訪れました。その会場になったのがリートゥチョン通りにあ
る国立図書館でした。会場ではいろいろな流派の書体を
実演と掛け軸で見ることが出来ました.


 べトナムも昔は漢字圏の世界でしたから、先生が生徒に
教えに来たようなものですが、今のベトナムは漢字から抜
け出してローマ字の世界になっており、若いベトナム人は
漢字が読めず、首を傾げていました。

 しかし、したたかなベトナム人、縦書きの垂れ幕などには、
現在のローマ字式の文字が縦書きで書かれています。





 書道実演会
 
01書道実演 (21)  02書道実演 (22)  03書道実演 (23)


 04書道実演 (24)  05書道実演 (1)  06書道実演 (2)


 07書道実演 (3)  08書道実演 (4)  09書道実演 (5)


 10書道実演 (6)  11書道実演 (7)  12書道実演 (8)


 13書道実演 (9)  14書道実演 (10)  15書道実演 (11)


 16書道実演 (12)  17書道実演 (13)  18書道実演 (14)


 19書道実演 (15)  20書道実演 (16)  21書道実演 (17)


 22書道実演 (18)  23書道実演 (19)  24書道実演 (20)


  展示された掛け軸

 31掛け軸 (1)  32掛け軸 (2)  33掛け軸 (3)  34掛け軸 (4)  35掛け軸 (5)  


 36掛け軸 (6)  37掛け軸 (7)  38掛け軸 (8)  39掛け軸 (9)  40掛け軸 (10)
ベトナム文字の書体

日本語の書体にも楷書、行書、草書体など沢山の字体がありま
すが、草書体になると一般人には読めない字が沢山出てきます。
漢字からローマ字綴りの字体に変わったベトナム語にもいろいろ
な字体がありますが、でも日本語の書道の達人が書いたような
一般の人には読めないような字体は見かけません。ベトナムが
漢字を使っていた時代の面影はベトナム書道として今に伝わっ
ています。

ベトナムのように国の歴史の途中で言語の表記が変わってしま
うと、ベトナム歴史を勉強している人にとっては苦難が伴います。
現在のベトナム語と昔のベトナム漢字と中国の漢字と3つを読め
ないと原文が読めません。

ホーチミン主席は上記の3言語に英語、フランス語、ロシア語も
出来ましたから、語学の秀才でもありました。これはホーチミン主
席の父親と長い海外生活の影響だと思っています。

今のベトナム若者はもうベトナム漢字は読めません。日本人の
方が漢文を学校で曲がりなりにも勉強しますから、多少は
べトナム人より解読できます。


01文字 (2)  02文字 (11)  03文字 (12)


04文字 (13)  05文字 (14)  06文字 (7)


07文字 (8)  08文字 (9)  09文字 (10)


10文字 (3)  11文字 (4)  12文字 (5)


13文字 (1)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。